スポンサードリンク

都賀の新店、和牛焼肉 龍園を再訪 稀少部位のカルビ&ロースに続き、〆ラーメン そして鮮度抜群レバーも健在!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

家族でふと意見が一致する時

その多くは

・寿司

・焼肉

のいずれかを食べたくなり、誰彼無く声に発したその瞬間では無いでしょうか

 

この日もまた、誰とも無く

「焼肉、食べたいねえ」

と口に出したことをきっかけに、晩ご飯を焼肉で満たすことに

 

しかし、ここで問題となったのが

「どこの焼肉を食べに行くか」で。

 

ウチの子供は、久兵衛を候補に(生意気なw)

カミさんは近くてお手頃な、くいどんを

そして私は、そろそろ「あのレバー」を補充したく、都賀の龍園を候補に

 

三者三様の焼肉に賭ける熱量は増すばかりで、リベートは成立せず

結果「じゃんけん」という、もっとも民主的な解決策を実行に移し、見事私が勝利を掴むものとなりました。

 

そして、向かった先は都賀方面

JR都賀駅から歩くと7~8分

シダックスのある交差点を若松方面へと進んだ、セブンイレブンのお隣に今年9月末オープンした新店

「和牛焼肉 龍園」を再訪するものとなったのです。

スポンサーリンク

都賀駅近くに9月オープンの和牛焼肉 龍園 11月からはランチもスタート

お店の前には車6~7台分のスペースがあるので、こちらに停車

(帰りはもちろん、運転代行です)

 

こちらの龍園ですが、一説によると19~20時台は混雑しやすく、満席を迎えることもしばしば出てきたとの話

念を入れて事前に予約した上で訪問したのですが、これが功を奏した様で

私たち家族が着いた時点で、空席は予約した席のみ

例え平日であれ、事前予約を入れる方が確実そうです(つうか、いつの間にそんな人気店に!?)

 

さて、お店に入りまず目に付いたのがこちら

ランチの情報となります

 

この11月からランチ営業もスタートした様で、そのメニューの方は全5種類

カルビ、赤身、上焼肉の3種

これに加えて、ビビンバ、ユッケジャンといったご飯モノメニューまでが提供されるとのこと

 

この界隈の焼肉店で、ランチといえば真っ先に浮かぶのは一龍なのですが

そもそも、都賀駅界隈は居酒屋ばかりが多く、「これぞ!」というランチを頂けるお店は少ない印象

ここに割って入るだけのスペックを見せる事が出来るのなら、ディナーに繋がるランチ営業になる予感はします。

 

では、テーブルの方へと移動し、今度はメニューへ

こちらはまだ、前回訪問時と比較しても変化は無い様子

確か前の時は、和牛三点盛りをオーダーしているので、今日はそれ以外にしてみましょうか

 

続いてサイドメニューを見てみると、

・・・ん?

龍園特製醤油ラーメン

 

そんなのあったかな?

焼肉屋さんのラーメンという事は、やっぱり牛骨??

なんにしても、これはちょっと食べておきたい・・・かも

いや、食べるべきだろう、うん。

 

そして残るは

アルコール類のページとなるのですが、こちらも以前と変らず

個人的には、焼酎類がもうちょっと欲しい所ですが、代わりとなるマッコリがあるのでOKですかね。

 

という訳で、まずは軽いおつまみとなる

韓国海苔、キムチから注文を進め

 

焼き物の一品目はもちろん、

低カロリー高タンパク質

かつ油も少なく焦げ付きの心配がない、上和牛タンからスタート

 

ただ、この日の牛タン

1枚だけ明らかに「別格」な牛タンが混ざっているのですが・・・

しかもこの「別格」な牛タン、案の定、別格に美味いし(笑)

 

この一枚がもしや、特選牛タンということでしょうか?

そうであるとしたら、こりゃ次回から、特選頼むしかないかなあ

スポンサーリンク

龍園といえば、上レバーにんにく焼き!(笑) その他、初注文を中心にオーダー

さてさて

二度目の訪問となる龍園ですが、ここで絶対に抑えなければならない一品

 

いやむしろ、この一皿があるからこそ、数ある焼肉店の中からここ、龍園を選んだといっても過言では無いのがこちら

龍園名物(と、私が勝手に思い込んでいる)

和牛上レバーにんにく焼き、となります。

 

分る人にだけは分るであろう、そのビジュアル

鮮度良すぎて、角までもがプリップリに立ち上がる高品質なレバー

そこに伴われる小皿には、タップリのごま油、塩、そしてにんにく

 

今となっては幻ともいうべき、この上等なレバーが一皿800円でのご提供

正直、これをエンドレス食べているだけでも、私的には大満足な一枚

この至福の瞬間だけは、痛風の恐怖など全て忘れ、プリン体の虜となってしまうのも仕方ありません。

 

そんな上等レバーに舌鼓しながら、次なる焼き物には

上ロース、そして

 

上カルビ(だった筈)をオーダー

 

どちらも前回頂き、お値段的にも味的にも満足が得られた部位

他店で頂く同価格帯のお肉と比べ、大きく秀でるわけでは無いものの、価格相応の水準で満足出来るボリュームとなります。

 

対し、価格以上の味わいを得られた一皿が

スポンサーリンク

こちら、特選ロースこと、肩サンカク

 

他のお肉とは明らかに「格」の違いが見て取れる上質なサシ

ロースと呼ぶには恐れ多い脂の乗りですが、それだけにジューシーで柔らかさも別格

ただ、その肉質に見合ったお値段ですから、当然といえば当然でしょうか(笑)

 

これらに続く焼き物は、もう一品

こちら、上ミノとなります

上記1皿で900円となる上ミノですが、こちらはかなり上質

表面上の柔らかさとジューシーな肉質、強い歯ごたえも感じられ、旨味もしっかり

 

先ほどのレバー然りですが、こちらの龍園、赤身肉よりホルモン系の方が良いかも

まあ、赤身肉には更に上のクラス「特選」があるものの、その価格に尻込みして注文してないだけに、なんとも言い切れませんが

やはり私などが、お手頃価格で頂ける上クラスから先を目指すには、敷居が高いというかなんと言うか(笑)

 

そんなこんなしながら、本日の焼き物はここまで

普段であれば、もう少しお肉を注文していくところですが、この日はどうしても〆メニューを頂きたく、火を止める事に

肉を諦めてまで注文した、この日の〆はもちろん

こちら、龍園特製醤油ラーメンとなります

油多めのスープにしっかりした醤油ダレ

細めのストレート麺に玉子、ネギ、そしてチャーシュー3枚のトッピングとなります

 

ではまずスープですが、

ベースとなっているのは牛骨・・ではなく、鶏ガラ&ゲンコツ系の獣骨スープ

どちらかと言えば、昔ながらの中華そばに近く、臭みは無い上品な仕上がりですが、かといって焼肉屋さんらしい個性も特になし

せっかく焼肉屋さんが出すラーメン、ということで色々期待していただけに、ちょっと拍子抜けする部分も

 

使用される麺の方は

ストレートの中細麺

こちらも、特に拘りを持って選ばれたというより、万人受けを狙った感があります

専門外のお店が出すラーメン、と言えば確かに立派ではあるものの、敢えてここで食べなければならない味か、と聞かれれば返事に迷いますね(笑)

 

そしてチャーシューですが、

味付けはさすが、お肉のプロが織り成す調理、といった感じ

ただ、肉質については特筆するほどでも無く、相応に美味しくはあるのですが、これもスープ同様、焼肉屋さんらしさを感じるには至りませんでした。

 

専門外のお店が作るラーメンとしては、十分なレベルではあります

が、最近は焼鳥店等でも、お店の材料を駆使してハイレベルな〆ラーメンを提供するお店が増えていることを踏まえると、せっかくの焼肉屋さんという利点を活かせていないラーメンには、正直物足りなさを感じてしまいました。

 

ただ、ここ龍園に対して私が一番に求めているのは、なんと言っても

「和牛上レバーにんにく焼き」この一点

 

これさえ提供して頂ければ、なんら不満はありませんし、同レバー同様に上ミノが美味しかったのも思わぬ誤算

赤肉だけで無く、ホルモン系の美味しさも光る、個人的には定期的に訪問したい良店の1つとなります。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、


居酒屋ランキング

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

和牛焼肉 龍園

■ わぎゅうやきにく りゅうえん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区都賀5丁目20−33

■ 営業時間:11:30~14:30 / 17:00~22:30

■ 定休日:水曜日

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。