スポンサードリンク

千葉駅から徒歩5分 夜景が見える個室居酒屋、旬和食ダイニング へぎ蕎麦 いち凛 千葉本店へ行ってみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

毎度おなじみ、千葉の新店情報をチェックしていた際の事

千葉駅から徒歩7~8分

栄町と富士見町、その境目とも言える川沿いに位置する商業ビルに、和食ダイニング?がオープンしたとの事

 

その名も、

「夜景個室 旬和食ダイニング へぎ蕎麦 いち凛 千葉本店」

・・・店名、長いw

 

まあ、言わんとすることは、その名からも分かる通りで

「夜景の見える個室居酒屋」というのが、コンセプトと思われます

 

しかもその立地は、富士見町の9F

これからの季節であれば、千葉中央公園を中心としたイルミネーションを一望することが出来る立地

しかも個室とくれば、女性をデートに誘いたい男性にとっては、願ってもいないロケーション

(しかも、ビルを出てすぐ隣は栄町…)

 

私自身がデートに使うかどうか、はさておき。

一応、千葉のグルメ情報には精通しておきたい身分として、この新店はチェックしておきたい所

ただ1点、このお店の所在地に関して、どうしても拭えない不安があるのです

 

それは・・・

 

このビルの3Fには、アレが。

JR千葉駅の新店、東京チーズファクトリー千葉店(肉バル×牡蠣 #OMAKASE)へ行ってみた

つうか、まだあるのか

・・・チッ、しぶといw

スポンサーリンク

千葉駅から徒歩7分 10月オープンの新店、夜景個室 旬和食ダイニング へぎ蕎麦 いち凛

1年が経った今、思い出しても腹立たしくなる、昨年(2017年)最大の汚点とも言うべき一食

その苦い経験を味わった店と、同じビルの9Fに店舗を構えるのが、この日訪れた「夜景個室 旬和食ダイニング へぎ蕎麦 いち凛 千葉本店」

※ 名前長すぎるので、以降は「へぎ蕎麦 いち凛」で統一します

 

それ以前にも、同ビルに入る飲食店では毎度、苦い思いをしてきただけに、今回も一抹の不安を抱えつつ

「関係無いお店であって欲しい」との願いを込めて、エレベーターを9Fへ。

 

実は、今回の訪問以前にも一度、土曜の夜に飛び込みで訪れたのですが、店内は驚くべき大盛況でして

席の空きがないものか尋ねてみると

「一応ご案内は可能なのですが、食事の提供に40分以上お待ち頂く事となってしまいます」

との一言が

 

まあこの時点で、どこかの店とは異なる丁寧な対応を見せてくれていたので、そこまでの不安は感じておらず

ただそれだけの盛況を見せているお店でしたので、この日は予約を入れた上でお店を訪れることに

 

で、通された席の方はと言うと・・・確かに個室

 

だけど、夜景・・・見えない

てか、窓が無いw

 

こちらの店内、中央に厨房を設けており、それを囲むようにぐるっと一周、個室を設けた造りとなっております

当然、ビルの外側に位置する個室は、全て夜景を一望出来るものとなっているのですが、その中でも3席ほど

「壁側以外」の個室が存在し、私がこの日通された席は、事前予約したにも関わらず、夜景の見えない僅かな外れ席w

 

・・・ま、夜景とか別に興味無いけどさ。

ただ、夜景が見える席をどうしても希望したいのであれば、予約の時点でその旨を伝えておかないと、私と同じ轍を踏む可能性は高そうですね

 

という訳で、NO夜景の席に通され、まずはメニューを

アルコール類は、焼酎を中心にそれなりの銘柄が取り揃っております

私の持論として

「お酒の取り揃えが良いお店に、悪いお店は無い」

といったものがありまして

佐藤、中々、くじら、富乃宝山と、この辺りが揃っているお店なら、それなりの期待が持てそうです

 

続いてのページでは、

こちらでは日本酒数種とウイスキー、ハイボールが

しかし、焼酎の比率に対して、日本酒は控えめ

へぎそばをウリにしているわりにお酒が少ないのも、ちょっとアンバランスな気が

 

ひとまずフードメニューに移ってみましょう

まずは定番おつまみから始まり、鮮魚メニューへ

この辺は、他店でも見かける定番となっており、物珍しさはなさそうです

 

続いてのページでは、

サラダと馬刺し、鮮魚の炙りが

サラダについては鮮魚、豆腐を使ってる当たりが特徴的ですね

そのお隣は、馬刺しと炙り鮮魚の二品のみでページを独占(笑)

まあ、それだけ力を入れている品という事でしょうか

 

続いては、

こちらは焼き物系のおつまみが中心

ここでようやく、独自性というかこのお店ならでは感が見えてきました

鶏、牛のたたきに炙り、鮮魚のみりん醤油焼き

そして、お蕎麦屋さんらしさを感じる、だし巻き卵と、定番ではありながらも、一度は味わってみたいところ

 

そして続いてのページでは

揚げ物のメニューに到達

お蕎麦をウリにしているお店らしく、天ぷらや練り物が多く並びます

 

また、へぎそば同様に新潟県の特産品である栃尾揚げも発見

熊本産の馬刺しが並んでいた当たりで、一度はご当地感を失ったものの、ここに来て栃尾揚げを発見するということは、やはり新潟を中心とした北陸系の料理がコンセプトということでしょうか

 

まだコンセプトがハッキリ見えてこない所はありますが、

続いてのページでは、いよいよ店名にもある「へぎ蕎麦」に遭遇

 

実は私、へぎ蕎麦を頂くのはこれが初めてでして

新潟県の特産品で、つなぎに布海苔を使っていること、へぎと呼ばれる器で提供される事以外、一切知識のないお蕎麦

これはお酒の場であったとしても、是非味わってみたいお蕎麦となります

 

更にめくった最終ページでは、

・・・うん、ご飯モノと鍋ですね

海鮮丼こそ北陸の香りを感じますが、寄せ鍋、しゃぶしゃぶ、もつ鍋と並ぶあたりに北陸の風情は無し

 

ザッと見た所、へぎ蕎麦&栃尾揚げにこそ北陸の香りを感じますが、それ以外はコンセプトが見えてこず

また、店名には「旬和食」とありましたが、特に旬を感じる品や、日替わりメニュー等も見つからず

この辺はまだ、新しいお店であることからかも知れませんので、今後に期待を寄せたいところではありますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

そつなく美味しい料理に加え、夜景×個室はデート使いにもってこいの駅チカダイニング

へぎ蕎麦、栃尾揚げを除けば、特に目立った特徴を感じる事の無い、へぎ蕎麦 いち凛

とは言え、まずは食べてみないことには・・・という訳で注文をスタート

 

まずひと品目には、

数種あったサラダメニューの中より、

「寄せ豆腐と高原トマトのサラダ」をチョイス

豆腐を使ったサラダが複数あっただけに、さすが・・・とまでは言いませんが、豆腐はなかなかの美味しさ

野菜の方も、特別な美味しさこそ無いものの、鮮度についてはまずまずといったところでしょうか

 

続いて二品目には、

鮮魚の盛り合わせを三人前にてオーダー

この日の鮮魚には、鰹、平目、マグロ、ハマチ、サーモン、真鯛の6品

これといった旨味を持ち合わせている鮮魚は無かったものの、チェーン店居酒屋よりは上かな、といった印象

6品ある盛り合わせだけに、どれか一品でも目玉になるお刺身があれば印象がグッと良くなっただけに、これはちょっと残念です。

 

続いては肉料理から、

黒毛和牛のたたきをセレクト

量は少なめではありますが、肉質については申し分なし

黒毛和牛と名売っている点にも、問題無さそうな肉の柔らかさ、甘み、脂の美味しさを感じられます

 

続いても肉メニューから、

今度は馬刺しをオーダー

1日5人前のみの限定メニュー?とされていましたが、その真偽はさておき、こちらもまずまずの美味しさ

特に説明は無かったので、詳細までは分りませんが、ロース、もも肉、たてがみの3種(と思われる部位)が盛り合わせにて提供されました

赤肉はそれぞれで、食感の違いが楽しめ、噛みしめる毎に馬肉らしい旨味が感じられます

たてがみは、その美しさの通り脂の美味しさがしっかりしており、単品ではしつこさこそ感じるものの、薬味と合わせることで程良い味わいが得られます。

 

続いては、練り物を数多く提供していたことが気になったので

こちら、ちくわの磯辺揚げをオーダー

数多くの練り物がメニューに並んでいることから、何かしらの特徴があるもの

・・・と思いきや、至って普通(笑)

まあ、ちくわの磯辺揚げなんて、至って普通であっても揚げたてであれば、それだけで十分なんですよね。

 

そして、お蕎麦をメインにしているお店だけに、出汁にも拘りがあることを期待しつつ

だし巻き卵もオーダー

温かい状態で提供こそされていまうが、この焼き目が一切無い、均一な焼き上がりから察するに、業務用と思われます

これはこれで、まあまあな味わいではあるのですが、店名で「へぎ蕎麦」を名乗っているだけに、拘りの品を期待し過ぎたのかも知れません

 

さて、ここまで一進一退ともいうべき料理が続いたわけですが

〆となるタイミングで、オーダーしたのはもちろん、

こちら、「へぎ蕎麦」となります

 

基本形態では、わさびとネギのみということで、トッピングの中から刻み海苔をチョイス

ちょっとだけ豪華さを増した初めてのへぎ蕎麦ですが、つなぎに布海苔が使われていることからか、独特の食感ですね

海苔の風味を感じるか、といえばそうでもありませんが、普段口にする蕎麦では味わえないコシの強さを感じます

 

ただ、これを頂くツユについては、特に個性が感じられず、これはちょっと残念

こちらの蕎麦だけで無く、多くの品に共通して、もう一工夫あれば印象をガラリと変えそうな料理ばかりだけに、勿体なく感じました

 

とは言え、こちらのお店最大のウリは

・個室

・夜景

の2点になるのでしょうから、ある種料理はそこそこ・・・でも十分、といった所なのかも知れません

 

いずれにせよ、まだオープンから2ヵ月のお店ですので、今後にも期待したいですね。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、


居酒屋ランキング

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

夜景個室 旬和食ダイニング へぎ蕎麦 いち凛 千葉本店

■ やけいこしつ しゅんわしょくだいにんぐ へぎそばいちりん ちばほんてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見1-15-2 クラマンビル 9F

■ 営業時間:16:30~24:00(週末のみ~25:00)

■ 定休日:元旦

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。