スポンサードリンク

千葉中央に2月末オープン、寿司居酒屋や台ずし 千葉中央町を初訪問 サービス溢れる店内で頂く、居酒屋&寿司メニュー三昧

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ちょうど一週間前の土曜日

今更になってSNSデビューを果たしたカミさんが、SNS上で見つけてきた情報により

「新規オープン!」を聞きつけ向かった、千葉中央の富士見町

 

しかし、この日は近隣でイベントが行われていたこと

また、向かったお店が開店2日目とありイベントを開催していたことなどから、店内は満員御礼

結果、入店を諦め新田町のユイットルへと向かうことに

 

あれから一週間

 

冒頭の新店へ伺った際

「来週からは予約も大丈夫ですので、是非またお待ちしております」

と、丁寧な応対を受けていたことを思い出し、先週のリベンジを果たすべく、再び千葉中央へ

 

向かったお店はこちら、

旧パルコの裏手となる、千葉銀座通り

そちらで長らくマッサージ屋さん(もみ処)を営んでたテナントの跡地に、2月末オープンした新店

「寿司居酒屋や台ずし 千葉中央町」を訪れてみるものとなりました。

旧パルコ裏、千葉銀座通りに2月末オープン 寿司居酒屋や台ずし 千葉中央町

前回の反省を活かし、事前に予約を入れた上で向かった、寿司居酒屋や台ずし 千葉中央町

私自身、聞き馴染み無いお店にはなるのですが、事前に調べてみた所、全国に300店舗を展開する大型チェーン店とのこと

 

ただ、それだけの数がありながら、千葉県内の出店はまだ少なく

松戸市内には数店あるものの、それ以外だと行徳、そして京成大久保駅など数店のみ

私の生活圏となる千葉市内への出店は、こちらが1店目になる様です。

 

いくら新規オープンとは言え、全国展開しているお店とあらば、

メニュー数こそ豊富であっても、サービスや味については二の次となるのが定石

ここはあまり過大な期待をする事なく、お店を訪れてみる事に

 

この日、お店に着いたのは18時を少し回った所

お店は16時開店と、近隣他店より早いこともあってか、すでに店内は8割が埋まる大賑わい

この時間にして盛況なのも、こちらのお店では様々なサービスが用意されている様なのです

 

そちらを確認する前に、まずはメニューの方から

寿司居酒屋を名乗るお店とあってか、やはり主役となるのは海鮮類

メニューのトップには、本まぐろ(ホントに?)がズラッと並び

赤身に中トロ、大トロまで値段も提供方法も様々

そのお隣は本日のお勧めでしょうか

こちらは生ものよりも揚げ物、季節の素材が多いようです

 

次のページは鮮魚のメニュー

刺身の盛り合わせから単品まで、盛り込みの数に合わせて様々な価格帯が用意

ただ、先ほど見た本日のお勧め?メニューには鮮魚が無かったことから、鮮魚は年間通じて提供できる、決まった品のみを出すスタイルに見られます

 

次のページからは、お寿司屋さんよりも居酒屋に寄ったメニューに

お手軽に頂けるスピードメニューからサラダ

ジャンボ焼売に大根のおでんなど、バリエーションは多様

 

次のページも居酒屋的な構成

こちらは揚げ物全般となっており、ボリュームある烏賊の天ぷら、まぐろスタミナおろしポン酢なども

これらに加え、フライドポテトや手羽先から揚げ、串カツに至るまで用意され、チェーン店居酒屋に引けを取らない品揃えとなります

 

おつまみメニューはまだ続き、

ここからは焼き物が中心に

赤ちょうちんの様な揚げ出し豆腐、タコさんウインナーから

焼魚、玉子焼、鶏ハラミ炭火焼など、やはり品揃えは豊富に

 

そして最後、ここにきていよいよお寿司へ

 

握りは一貫単位から注文可能となっており、下は59円から上は499円までの価格帯に

本まぐろ99円、大トロでも399円という破格には驚きますが、果たしてどの程度のクオリティなのかは食べてみないことには・・・

 

そして最後、ドリンクメニューですね

こちらのお店でも、某チェーン店同様にチンチロリンハイボールが採用

ぞろ目が出れば無料、半なら半額、丁ならお値段2倍で量も2倍

2杯以上を頼むのであれば、やっておくに越したこと無い遊び心となっています

 

これに加え、お寿司屋さんらしい一杯となるのが「ガリ酎」

甘酢に漬けたガリをトッピングした酎ハイとなっており、2杯目以降は注ぎ足しで頂くとのこと

これによって、甘みを感じる1杯目、徐々に辛味を感じる2杯目と味変できるのが特徴となります

 

上記に加え、以下のページでは

 

日本酒、カクテルの用意もあるとのこと

更に次のページには焼酎もそこそこに用意されており、フードメニュー同様の充実度合いとなっております

 

そしてここからは、お店が提供している各種サービスについてのご紹介

先ほども触れた、チンチロリンハイボールに加え

19時までに入店したお客さんについては、同時間までアルコールメニューが半額にて提供とのこと

 

こちらは対象商品のみになるので、全品半額にはなりませんが、先ほどのメニューにある主立ったメニューは半額にて頂けるとの事

生ビールも対象商品となっている訳ですが、早い時間から賑わいを見せていた理由は、ここにあった様です

 

そして、これも最近の飲食店ではよく見かける

LINE@への登録によるサービスの数々

登録でドリンクが1杯サービスになる他、友達限定サービスも多数あるとのこと

 

私が知る限り、LINE@を美味く活用できている飲食店は多くありませんが

(特に個人経営のお店だと)

スパゲッティーのパンチョを始め、チェーン店はこの辺の活用が流石ですよね

 

こちらの様に、生ものを扱っているお店などがLINE@を上手く活用しだしたら

コスト削減&売上アップも見込めるだけに、どんな活用を行っているのかも見てみたい所です

 

更には、これも最近のチェーン店では定番になりつつある

テーブル上へのコンセント設置

小さな気配りかも知れませんが、滞在時間が長くなりがちな居酒屋だけに、嬉しいサービスですね

 

そんな細かい所もチェックしつつ、そろそろオーダーの方へと移ってみようと思います…

ドリンクのタイムサービス始め、店員さんの応対、意外な美味しさとなる鮪らをしっかり堪能

前述した通り、この日の訪問時刻は18時を過ぎたばかり

19時までの注文に関しては、ドリンク半額になるとのことで、そちらの恩恵に預かりつつ、1杯目はビールからの2杯目以降はガリ酎を頂く事に

 

続いておつまみの方ですが、まず1品目は本日のお勧めより

白子ポン酢をチョイス

冬を代表する味覚、鱈の白子ですが、プリッとした触感にトロっとした濃厚な味わい

そのどちらもが余すこと無く味わえ、チェーン店ながらもお寿司屋さんを名乗る手前、鮮度の良さには自信がありそうなひと皿です

 

続く2品目にはサラダをオーダーしたのですが

ここはお寿司屋さんらしく、海鮮サラダをハーフにてオーダー

こちらに使用しているお刺身は、ドレッシングと和えたカルパッチョの様な状態

それだけに、お刺身自体の味わいには期待しなかったのですが、意外にもまぐろが家族内で好評を得る結果に

 

こちらのお店、まぐろに関しては都度「本まぐろ」との記載があったものの、そんな訳は無かろうに…

と半信半疑でしたが、これはもしや、本当に本まぐろを使っているのかも

いずれにせよ、まぐろの味わいについては、他の魚と一線を画しているように感じます

 

しかし、チェーン店であることから、魚には期待を寄せていなかった我が家族

結果、先に注文してしまったのは、

カニクリームコロッケと、揚げにんにくという、お寿司屋さん要素が感じられない2品

居酒屋、串焼き屋さんの定番となる揚げにんにくについては、説明の必要ない、間違いのないひと品

 

対するカニクリームコロッケですが、ベシャメルソースには申し分ないものの、蟹の味わいは弱め

この辺は流石に、洋食屋さんのそれらしいレベルには届かず、お値段相応といった感じがします。

 

そしてここからは、ドリンクを変更

お寿司屋さんらしい一杯「ガリ酎」を頂いていくことに

 

続いてのおつまみですが、こちらもまた本日のお勧めよりセレクト

ガリの天ぷら、となります

他店では見かけることがない、寿司居酒屋らしいおつまみに感じオーダー

 

して、その味わいですが・・・

良くも悪くも、まんま「ガリ」の天ぷら

最初の数品を頂いているウチは、甘酸っぱい独特の風味が美味しく感じるものの・・・いかんせん数が多い(笑)

 

加えて、我が家でガリを食べるのは私1人のみ

少量であれば美味しく頂けたものの、皿一杯の天ぷらともなると、さすがに飽きと重さを感じてしまいました

 

続くつまみですが、

またもや、寿司居酒屋とは離れてしまった一品、

手羽先の唐揚げとなります

 

こちらのお店では、某手羽先チェーン店同様に、胡椒の量を

・強め(辛口仕様の本場名古屋スタイル)

・弱め(子供でも食べられる味わい)

これら2種から選択する事が可能との事

 

対する我が家は、大人二人に子供一人

民主主義のベースとなる「多数決」を元にすれば、胡椒強めをオーダーするものの、少数派(子供)の意見こそが尊重されてしまうのも常

 

こちらの手羽先は5本セットとなるので、胡椒の割合を4(強め):1(弱め)でオーダーできないものか、ダメ元でお願いした所・・・アッサリ快諾

チェーン店ではありながらも、個人店の様に柔軟な対応を採って頂けるのは、ダメ元だった故に嬉しいサービスに感じます

 

そんな経緯もあってか、手羽先の味わいについても、必要以上に美味しく感じてしまうもので

かなりキツメの胡椒ではありますが、この辛さがお酒をより美味しく感じさせ、アルコールの量も進むばかり

 

しかし、この辺りで時計が示す時刻は19時

先ほどまで開催されていた、ドリンク半額サービスも終了を迎えてしまった・・・

 

と思いきや、このタイミングで店員さんがテーブルへ

そして思いがけない一言を

「間もなく、ドリンク半額サービスが終了となりますが、ご注文は大丈夫ですか?」とのこと

 

飲み放題の時間制限終わりに訪ねるのならまだしも

お店側が勝手にやってる半額サービス、その終わり間際になって店側から

「ドリンクの注文、しなくて大丈夫??」

を、訪ねてくるとは意外すぎる一面!!

 

だって、このまま頼まずに19時を迎えれば

ここからの注文は正規料金になるので、お店の利益は倍だというのに

そんな目の前の利益よりも、お客さんが半額で頼める機会を優先する心意気、これには思わず敬服してしまいます。

 

お言葉に甘え、追加のドリンクを頼みつつ、

おつまみの方は、再び揚げ物メニューから

「鶏皮パリッパリ揚げ」と

 

ついでにもう一品、

「豪快いかの天ぷら」をハーフサイズにてオーダー

 

鶏皮は説明の必要無い美味しさとなっていたのですが、驚かされたのはイカの方

メニューの写真で見る限り、相当に豪快なボリュームとなっていたので、ハーフをお願いしたのですが…

 

見ての通り、ハーフでありながらも、この総量

もし1人前でオーダーしていたら、イカのみでお腹が満たされる危険性をはらんでいるのでは!?

と思わせても不思議ではないものの、団体には嬉しい大ボリューム

 

想像するよりもボリュームあるおつまみに囲まれ、満腹度合いも達したものの

ここが寿司居酒屋である以上、避けて通ることが出来ないのが寿司

 

そう、ここまでおつまみは複数頂いておりますが、いまだ寿司には手を出しておらず

ここで最後の〆とばかりに、寿司をまとめてオーダーする事に

 

注文から10分少々、本日の〆となるのがこちら

お寿司の注文に関しては、卓上の用紙に記載した上でのオーダーとなるため、注文の品が一挙揃い踏み

セットでは無く、単品でのオーダーとなった為、巻物比率がやたら高くはなりますが

・本まぐろ

・ビンチョウマグロ

・中トロ

・トロタク巻き

・カッパのわさび巻き

・梅しそ巻き

などなどをまとめてオーダー

 

ここでもやはり、想像を超える美味しさを誇っていたのが、マグロ各種

サラダに入っていた赤身については確認済みながら、それよりお値段が高く設定されているビンチョウマグロも、お値打ちな美味しさを誇ります

中トロについては、脂のノリが良すぎるので、賛否分かれる部分ですが、私的にはこの価格を踏まえるなら十分過ぎる美味しさ

 

対し、これまた想定を超えてきたのが、カッパのわさび巻き

同店の巻物では全メニューに+50円でわさび巻きに変更が可能となるのですが・・・これがなかなか、シビれる辛さ

茎わさびをたっぷり利かせた辛味を帯びており、一撃で口内を爽快にするものの、その刺激は相当なもの

わさび巻きを「ナミダ巻き」と呼ぶ、その名に相応しい辛味を帯びていますので、注文の際にはご注意を。

 

以上の握り&巻物を以て〆となった、初訪問の「寿司居酒屋や台ずし 千葉中央町」

私が知らないながらも、全国展開するチェーン店と聞き、正直期待はせずにいたものの

各種サービス始め、マグロの意外すぎる美味しさなど、十分に満足出来るお店となりました

 

ただ、これは良い意味で、となるのですが

おつまみ類のボリュームが、想像している量よりも全体的に2割増しで提供される節があります

 

団体での訪問なら嬉しい誤算ですが、我が家の様に少人数での訪問だと、おつまみのオーダーで満たされてしまい、寿司の注文に辿り着けず・・・

なんてことも十分に想定出来るボリュームがありますので、同点を踏まえた上でのご注文をお勧めします。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、


居酒屋ランキング

こちらの「ブログランキング」をタップしてお知らせ下さい。

頂いた評価を参考に、更なる酒場放浪に精進致します。

 

寿司居酒屋や台ずし 千葉中央町

■ すしいざかや やたいずし ちばちゅうおうてん

■ 食べログURL:

https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12046030/

(ネット予約 可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央3-4-13

■ 営業時間:16:00~翌2:00

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。