スポンサードリンク

西千葉で見つけた、隠れ名店 居酒屋 半歩へ早くも再訪! 名物の炉端焼き以外も満足出来る絶品揃い、とうもろこしの唐揚げは別格の存在感!?

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

子供を夏休みイベントのキャンプへ送り出した二日目のこと

前日は、カミさんと二人、子供を連れては訪問出来ないお寿司屋さんの方へ

 

続く2日目もまた、子連れはNGとの事で諦めていた、某中華の名店を予約し訪問・・・

の予定でいたものの、この日の朝から大トラブルが発生(汗)

そのトラブル処理に、一日中追われてしまい、帰宅したのは20時手前

 

予約していた中華の方へは、泣く泣くキャンセルを伝えたものの、

さて・・・自分たちの晩ご飯をどうしようか、との話に

 

この時点で20時

しかも日曜の夜とあっては、選択出来るお店も僅かばかり

近くでサッと食べ、飲み、帰宅出来るお店・・・

 

そんな条件下で、パッと思い浮かんだのがこちら

先日、以下の記事でもご紹介した

西千葉で原始焼き!? 炉端焼き居酒屋 はん歩を初訪問 激ウマ過ぎる炭火焼&海鮮料理に加え、接客まで最高なお店を発見!

 

西千葉の炉端焼き居酒屋、半歩となります

 

つい半月前に初訪問したばかりのお店ですが

・頂く料理

・お酒

・接客

と、どこを取っても非の打ち所が無い良店

 

しかも、日曜でも営業している上に、事前に電話を入れたところ、空席も確保

前回訪問からのスパンは短めとなりますが、それだけあしげく通いたいお店という事で、再び半歩を訪れてみることとなりました。

月2ペースでも通いたくなる料理&接客の隠れ名店 西千葉駅徒歩8分、半歩へ早くも再訪

今月上旬に、子供を連れ一家三人で初訪問したばかりとなる、西千葉の半歩

あれからわずか半月あまりながら、早くも2度目の訪問に

 

というのも、こちらのお店

前回の記事でも触れた通り、とにかく何を食べても美味いお店でして

 

加えて、店員さんの接客も素晴らしい上に、イケメン&美女揃い

※ 私はイケメンでは無く、美女の方担当

 

一体なにをどう営業すれば、そんなお店になるものか?

深まるばかりの謎を解き明かしたく、再度の訪問を決行するものとなりました

 

さて、同店の名物とも言うべきは、当然ながら炉端焼き

炭火でジンワリ熱を受けながら、ふっくら香ばしく焼き上がる魚たち

これを味わえるのは、西千葉に数あるお店の中でも、ここ半歩だけである事は言うまでもありません

 

しかし、この日お店を訪れた時刻は20時過ぎ

子供が一緒では無いとは言え、普段よりも1~2時間遅い晩ご飯

 

前述した炭火焼きが名物となる同店ですが、じっくりと火入れする為に

30~40分の時間が掛かってしまうのが難点でもあります

 

そんな事情もあり、今日の所は時間の掛かる炭火焼きは断念

代わって、焼物以外の料理を中心に注文を進めていくことに

 

ちなみに、この日提供されている料理は以下の通りで

お刺身の方は、全六種

炭火焼きには、のど黒や鮎、タカベの塩焼きも発見

(ちなみに、タカベは品切れになったとのこと)

 

お隣に行くと、梅肉が決め手とされる鰺のなめろうや

夏の名物とうもろこしを、まさかの唐揚げで提供との情報も

 

その他、レギュラーメニューは以下の通りで、

上記のウチ、前回の訪問で頂いたのは

・塩煮込み

・じゃが芋塩辛バター

の2種のみ

 

せっかくなので、こちらからは前回頂いていない品を中心にオーダーしてみようと思います。

 

そして、ドリンクメニューですが、

前回訪問した際に、カミさんが絶賛していた

「自家製イチゴのお酒」はこの日も健在

 

そして、前回期待したものの品切れとなってた

「魔王」ですが、この日は入荷されているとのこと!

 

それならば、とこの日のアルコールは魔王を中心に

カミさんの方は、自家製イチゴのお酒を注文しながら、遅めの晩ご飯をスタート

 

まず1品目となるお通しには、

こちら、自家製の胡麻ドレッシングがたっぷり掛かったサラダから

野菜が不足しがちな居酒屋メニューに於いて

こうしてお通し代りにサラダを提供してくれるサービスは嬉しい所ですね

 

しかも、ただ野菜を食べて貰おうといった意図だけで終わらず

とにかく美味い、この自家製ドレッシング

イタリアンの様な味わいを感じつつ、胡麻をメインにした和のテイスト

 

ホントこのドレッシング、売っていたら買って帰りたい所なんですが・・・

自家製ドレッシング故の性、でしょうか

保存料が不使用となる為、販売は行っておりませんので、是非とも店頭で味わってみて下さい。

 

続くおつまみの1品目には、

すでに私の中では「半歩の定番」になりつつある、こちらの3品

おばんざいの盛り合せとなります

 

メニュー上では全5種のおばんざいを提供している同店

各おばんざいは1品400~480円で提供されているのですが、

同品を3品の盛り合せで頼むと、お値段は880円とリーズナブルに

 

ちなみに、この日頼んだ3品は

・人参のマリネ

・いぶりがっこのポテトサラダ

・鶏胸ともやしの梅ナムル

といった内訳になっております

 

素材の持ち味に、一手間を加えられた3品のおばんざい

前回の注文と被る部分はあるものの、これはもう定番として頂くだけの価値ある品々

安定感バツグンのおばんざいを頂きつつ、次なるオーダーの到着を待つことに。

西千葉が誇る炉端焼き専門店は焼物以外も秀逸! 中でもとうもろこしの唐揚げは、芯まで美味い1品!

この日の訪問時間は20時を過ぎたあたり

日曜の夜ともなれば、多くの飲食店がお茶を引いている時間帯ですが

ここ半歩は、近隣他店のお休みもあってか、満席続きの大賑わい

 

事前に電話を入れたとは言え、これだけお客さんが入っている中で、よくも予約が出来たものだ

と、この日ばかりは、日頃の「臨時休業を高確率で引く癖」を忘れ、自身の幸運に思わず笑みを浮かべる

それほどに賑わいを見せている店内となっておりました

 

そんな中で頂く2品目ですが、

ここはやはり、お刺身の盛り合せを頂く事に

 

この日の盛り合せには、

・真鯛

・フエダイ

・インドマグロ

・黒ムツ

の4品が登場

 

どれも鮮度抜群であるのは言うまでもありませんが

この中でも群を抜いた存在となったのが、黒ムツ

 

皮目を軽く炙り、塩を振った状態で提供されたのですが

とにかく、炙られた皮目から溢れる脂の美味しさが尋常じゃありません

 

しっとりした身の甘み、柔らかさ

それとは相反するパリッとした皮目の食感から溢れる脂の旨味

 

たった一口で、何層にも広がる旨味の溢れ方に、思わずカミさんも

「このお刺身、丼一杯食べられる」

と豪語するほど

※ これを丼一杯注文するほどの、経済力を持ってから豪語して欲しい

 

なんにしても、その見た目が与えるインパクト

その数倍、いや十数倍の旨味を広げてくれる、感動レベルに美味しい黒ムツとなりました

 

しかし、そんな感動に浸る間もなく

次なる感動が早くもご登場

こちらもまた、本日のお勧めより選択した品

「とうもろこしの唐揚げ」となります

 

夏の風物詩とも言うべき、とうもろこし

居酒屋などでは、天ぷらやかき揚げとして提供されるのが一般的で、どれも間違いのない一品

 

対し、ここ半歩では、揚げただけでも美味しいとうもろこしを

わざわざ味付けした、唐揚げにして提供されるとのこと

 

果たしてこれが、どんな塩梅になるのかというと・・・

 

絶品過ぎて、言葉が出ない。

 

ちょい甘辛なタレをしっかり纏った唐揚げ

外見は濃い目の味付けにも感じますが、中は甘みがたっぷり

 

甘辛いタレが素材の旨味を存分に引き出しており、

焼きとうもろこしとも違う「唐揚げ」ならでは

いや、半歩ならではの独創性溢れる唐揚げに仕上がっております

 

ちなみに、こちらのとうもろこし

提供の際、店員さんより

「芯は残してお召し上がり下さい」と声を掛けられた・・・

 

のですが、とうもろこしの1粒に至るまでがとにかく美味く

粒を全て食べ尽くしてしまった芯にも、思わずかぶり付いて見た所・・・

これが、案外イケる(笑)

 

さすがに太目の芯については断念したものの

細めのとうもろこしであれば、芯までもが美味しく食べられてしまう(多分食べない方が良さそう)

そんな絶品過ぎるとうもろこしの唐揚げを頂くものとなりました。

 

ちなみに、同タイミングで一枚撮影しておいたのが、

こちら、カミさんの飲んでいた

「自家製 イチゴのお酒」

 

イチゴの甘みと酸味がしっかり味わえる一杯となりますので

飲みやすさは抜群ですが、それ故の飲み過ぎには注意したい、女性ならまずハマるであろう一杯となります

 

続いて頂いたおつまみとなるのが、

こちら、アジフライになります

お皿の上に、二枚の鯵

そのお隣には、ブルドッグソース(中濃)の小サイズも一緒に盛り付け

 

この可愛らしいセンスに惚れ惚れするものの、店員さんからは

「お勧めの食べ方は、醤油と一緒に辛子で食べて下さい」とのことw

ソース出しておきながら、なんだかなあ(笑)

 

まあ、せっかくならばお勧めの食べ方で、

という訳で、辛子醤油にてアジフライを一口

 

ふっくらとした鯵の身に、衣の中から溢れる脂

季節の魚であるのは勿論のこと、産地や素材へのこだわり無ければ味わえない

これまたお刺身同様、相当にレベルの高いアジフライとなっております

 

これを辛子醤油で頂く食べ方も、なかなかでして

普段私は、アジフライ=ソース派になるのですが

これだけ脂のしっかり乗った鯵ともなれば、確かに辛子醤油がマッチしますね

 

先ほど頂いた、とうもろこしの唐揚げとは、また違う味わいの揚げ物

共に共通するのは、異なる味わいながらも、素材の持ち味をしっかり活かした食べ方で提供されること

そして、フルーティーでスッキリした味わいが特徴的な「魔王」の水割りにも良く合う(笑)

 

そんな感じに色々頂き、時間の方も良い頃合いに

そろそろ〆の1品2品にいこうか・・・

 

とはなってみたものの、子供がおらず夫婦二人では、炭水化物は重く感じる事が判明

普段いかにウチの子がよく食べていたのか、を思い知らされると共に

互いに〆の炭水化物が喉を通らなくなるとは、年を取ったものだと実感

 

そんな訳で、炭水化物に代わり頂いた、この日の〆となる一品は

こちら、自家製豆腐を使った

「とろける揚げ出し豆腐」となります

 

〆ご飯に変わり、揚げ出し豆腐を頼んでしまうのもどうか?

と感じる一方、同商品名にある「とろける」の表現が気になり頂いてみたこちら

 

しっかり出汁を染みこませた揚げ出しを口に入れると、まあ驚き

こちらの豆腐、ジーマミー豆腐を思わせるトロっとした食感なんです

 

製法や原材料について、詳しい話は聞けなかったものの

「とろける」の表現に寸分違わぬ食感で、出汁をしっかり絡めながら口の中でフワッと広がります

 

少し粗めにおろした大根おろしも、辛味を与えながらアクセントとしても働き、優しく甘めの出汁とも相性バッチリ

〆に頂くには・・・?なんて疑問を一蹴する、むしろ〆にこそ相応しい逸品となりました

 

そして、お会計後には

こちらのお味噌汁を頂きながら、本日もフィニッシュ

2回目の訪問となる西千葉の半歩を、名物である焼物無しで乗り越えるものとなりました。

 

 

そんな具合に、今月早くも2回目の訪問となった半歩

時間の都合上、炭火焼き各種を頂けなかったことは残念でしたが、それを頂かずとも満足出来るおつまみが多数

 

特に秀逸だったのは、前述した通り、とうもろこしの唐揚げ

こちらは季節なのかこの日限定なのか、詳細は分りませんが、見つけたのであれば是非とも味わって貰いたい

半歩でしか味わう事が出来ない、お酒に合う最高の一品を堪能させて頂きました

 

その他、お刺身や揚げ物、豆腐におばんざいにと、どれを取っても納得の品々

まだ初訪問から2回目ではあるものの、今後も間違い無く定期訪問するお店となっていくことでしょう。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、


居酒屋ランキング

こちらの「ブログランキング」をタップしてお知らせ下さい。

頂いた評価を参考に、更なる酒場放浪に精進致します。

 

はん歩

■はんぽ

■ 食べログURL:https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12040709/

(ネット予約 ホットペッパーより可)

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区緑町1-21-2 IMI西千葉ビル 1F

■ 営業時間:17:00〜23:30

■ 定休日:不定休

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。