スポンサードリンク

勝田台駅すぐの新店、ツバメバ 中華に韓国料理も織り交ぜた大衆居酒屋、絶品煮込みからフォアグラまで多彩なおつまみ揃い

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

久々に事務所のある勝田台へと足を伸ばし、

そのついでではありませんが(むしろこちらが本命?)

 

勝田台駅近くに出来た、大衆居酒屋・・・と呼ぶべきか否か

いずれにせよ面白そうなお店が駅近くにオープンしたとの話を聞き、そちらを訪問することに

 

お店の場所は、京成勝田台駅から徒歩3分ほど

駅前の大通り沿い、以前は焼鳥の扇やが営業していた場所にて7月オープンとなった新店

こちら、煮込みとサワー ツバメバとなります

 

店名にある「煮込みとサワー」の名から察するに

勝田台で広く受け入れられている大衆居酒屋の雰囲気を感じる一方

 

その看板には土鍋飯やよだれ鶏、水餃子に牛刺しなど

中華や韓国料理を思わせる雰囲気をも併せ持っている同店

 

また、何より気になりますのが、

上記写真にも写り込んでいる、2F部分のテラス席

 

勝田台では間違い無く「初」となる

テラス席を使ったビアガーデン?をも開催しているとの話もあり、何にせよ話題性満載となる同店

 

本日はそんなツバメバを事前に予約し、

こちら、広々とした空間でソーシャルディスタンスを確保している2F席より、

勝田台の新たな人気スポットになりそうなお店を散策してみるものとなりました。

大衆居酒屋のような雰囲気を醸しつつ、その実は手の込んだおつまみ揃い、勝田台の新店 ツバメバ

という訳で、勝田台駅近くにオープンした気になる新店、ツバメバ

予約した時間に2F席へと通されるものとなりまして、まずはメニューからチェック

こちらは本日のお勧めとのことですが

鮮魚はイトヒキアジにヘダイなど、愛媛から直送とのこと

 

月替わりメニューとなるのか、7月の土鍋飯と記載された品は

三重県産沖シジミの土鍋ご飯になる様で、こちらは二人前から注文可能となっております

 

その他、オリーブとじゃこの籠豆腐や

韓国風味噌田楽など、ここまでを見る限りは大衆居酒屋らしさは見えてこず

 

お店の雰囲気も相まって、オシャレなダイニング、バルと言った印象を受けますが、

続くメニューからは様子が一変

ここ勝田台でもお馴染み、大衆居酒屋らしさが満載のお勧めメニューへ

 

牛たんにハムカツ、肉豆腐

もつ煮込みは白と黒の二種が用意されており、これも説明を見る限り只者では無い模様

 

続くメニューも、個性溢れる品ぞろいで

いずれも大衆居酒屋で目にしそうな品々になりますが

良く見るとそこに一手間を加えた品が多数並ぶものとなっております

 

また特徴的なのが、麻辣や四川ら中華のテイストを取り入れた品々に加え

漬けハラミや低温調理のレバー、ユッケにナムルら韓国テイストも見え隠れする点

 

なかにはモロッコラム串なども並んでおり

アジアンからエスニックと、シルクロードを突き進む品々の存在が浮かび上がってきます

 

その個性がより顕著となるのがドリンクメニューでして、

こちらのビール、焼酎、ハイボールらは定番を抑えているものの

 

その次、サワー類には同店の個性が溢れかえっており、

麻辣サワーに上海サワー、クリームソーダーサワーと

拘りを感じるサワー各種が多数勢揃い

 

更には、シャリキンだけでも全八種

女子ウケしそうな可愛いフレッシュフルーツサワーも多数並んでおり

良い意味で「勝田台らしくない」オシャレさを節々から感じるものとなります

 

店名からしてもサワーを推しにしている同店

ここは定番のビールでお茶を濁すこと無く、一杯目から拘りサワーを味わう事にし、

まずはこちら、麻辣サワーをオーダー

赤唐辛子を浮かべながら、花椒を散らしたピリ辛サワーとなります

 

こちらと共に頂くお通しには

ポテトサラダをベースに飛子をあしらった1品

 

このお通しからして「出来るお店」であるのは間違い無く

まずはお勧めとされる5品を全てオーダーしてみることに

 

まずはこちらが

もつ煮込みの白となりまして

韓国風のお皿に溢しながら盛り付ける、これまたオシャレなスタイル

 

ベースのもつ煮込みは鶏ガラ出汁をしっかり感じさせており

味噌では無く、塩による味付けでシットリ柔らかな仕上がり

 

量もさる事ながら、味付けに至るまで文句なしの出来映えとなりまして

大衆居酒屋並ぶ勝田台に於いても、他店に引けを感じない1品と言えます

 

そして、同じく定番となるハムカツですが、

この通り、薄付きの衣に厚切りのハムを使用

 

このハム、厚みもさることながらその柔からさが特徴

加えて、脂質の持つ甘みと旨味も存分に感じる、完全余所行き仕様のオシャレハムカツとなっております

 

更に驚かされるのが、

同ハムカツを頂く、こちらのソース

見ての通り、色味が黒では無く黄色み掛かっているのです

 

説明によると、自家製のソースとのことでしたが

甘みあるフルーティーな味わいとなっており、衣の薄い同ハムカツと見事にマッチ

 

まだ序盤の2品とはなりますが

すでに私の好み、ドストライクを射貫く品々が出揃うものとなり、期待値の上昇が鳴り止みません。

大衆料理ながら韓国に中華テイストを加えた絶品料理各種、お酒も個性的で魅力満載となるツバメバ

お勧めとされる全5品から、まず頂いた2品の時点で

早くもその実力の高さを感じるものとなった勝田台の新店、ツバメバ

 

以前に同店を訪問していた事務所のメンバーから聞いたところ

こちらのお店は、同じく勝田台にある「勝田台バル」の系列店とのこと

 

アチラはバルらしく、洋風のおつまみを中心に取り揃えておりますが

それとは系統こそ違えど、頂く品はいずれも魅力的なお店でして

 

その系譜をこちら、ツバメバでもいかんなく発揮するものとなり、

続くこちらの煮込みは、北京風醤油となる黒の煮込み

 

北京風が指し示すのは麻辣テイストとなっておりまして

中華風のスパイスをふんだんに使っており、八角の風味も感じる斬新な1品

 

モツらにもしっかり旨味が染み入っており

先に頂いた鶏ガラ風味とは異なる味わいを楽しめます

 

続くお勧め4品目が

こちらの肉豆腐

これも煮込みらと同様、こぼしスタイルでの提供となります

 

先のにこみとは異なり、しっかり和テイストを感じる仕上がりで

お酒のお供にはもちろん、白米も欲する味付けですね

 

そして、その商品名に嘘偽り無しとなった、

こちらの品が「箸で切れる茹で牛タン」

その名の通り、箸で持っただけでもホロッと切れる柔らかさ

 

その食感が示す通り、ジューシーなほどに旨味が染み入っており

これまたスパイシーな味付けを加えているのが特徴的

 

ただ柔らかく仕上がっているだけで無く

お酒との相性も良好な味付けが嬉しい1品となっております

 

そんなおつまみ各種と頂くお酒も個性的な品ぞろいで

次に頂いたのが、こちら

四川トマトサワーになります

 

こちらも花椒を加えた、ほのかなシビれが特徴的で

トマトのもたらす甘み、酸味と面白い溶け合い方を見せてくれます

 

続くおつまみもまた、中華テイスト溢れる1品となる

こちらのよだれ鶏

 

四川風味のピリ辛な味わいに

鳥肉の柔らかさ、噛みしめるごとに増す旨味が良好

 

そして、私の胃袋を鷲掴みにしたのが、

こちら、レバッチョ

 

いわゆる低温調理を施したレバサシでして

たっぷりのネギと共に、ピンクペッパーによるスパイシーさもプラス

 

何より嬉しいのが、同品のお値段は450円

 

大衆居酒屋並ぶ勝田台の中では、割とお高めな設定かと思われた同店ですが

いざ頂いてみると、いずれもリーズナブルな上に、料理としての完成度も目を見張る品ばかりとなります

 

頂くお酒の個性も飽きを感じさせること無く、

今度もまた、同じく花椒を利かせつつ

ベースはレモンサワーとなる、その名も花椒レモンサワー

 

レモンの酸味に花椒のシビれが心地よいお酒となり

様々飲み比べてきた結果、以降は同品で落ち着くものとなりました

 

頂くおつまみも、まだまだ楽しみ溢れる品ばかりで

トロットロに仕上がったポテトサラダには

たっぷりいくらをトッピングし、赤と白のコントラストが美しい盛り付け

 

籠豆腐も、ただの豆腐では収まりきらず、

   

オリーブにじゃこをトッピングしており

こちらは欧風の味わいを楽しませてくれます

 

そして、和洋折衷が見事折り重なるものとなったのが、

こちらのフォアグラ大根

 

豪華に大ぶりなフォアグラのソテーを大根にあしらっているのですが

染みる出汁の旨味を吸い上げた大根に、フォアグラの濃厚さがマッチ

 

また、柚子を散らすことによって

フォアグラの濃厚さをスッキリ味わえるのもまた、食べ手に飽きを感じさせない見事な配慮となりました。

 

 

他にもまだまだ気になる品が多数並ぶものの

さすがにお腹の方が追いつかず、本日のおつまみはここまでに

 

といった流れで初訪問となりました、勝田台の新店ツバメバ

大衆居酒屋の良さを残しつつも、韓国や中華テイストを融合させた創作料理が多数

 

いずれも、一手間二手間を感じる品ばかりとなり

頂く度に驚きを得る品ぞろいは、ここ勝田台でも別格の存在感を見せるものとなりました

 

近隣に並ぶ大衆居酒屋と比較すれば、お酒、おつまみ共に

若干上の価格設定となりますが、その値段に対しなんら疑問を感じさせない品ばかり

 

むしろ、この手が込んだ料理に対して

このお値段であれば、お安いと感じる品ばかりとなりまして

 

今後、勝田台でお酒を頂く際には

真っ先に名前の挙がってきそうな、新たな名店の誕生を感じさせるものとなりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、


居酒屋ランキング

こちらの「ブログランキング」をタップしてお知らせ下さい。

頂いた評価を参考に、更なる酒場放浪に精進致します。

 

煮込みとサワー ツバメバ

■ にこみとサワー ツバメバ

■ 住所:千葉県八千代市勝田台1-37-9 柏木ビル

■ 営業時間:11:30~15:00 / 17:00~23:30

■ 定休日:年末年始

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。